理解困難な最高裁判決

 国の責任とは何かを考えさせられる凡例が歴史に一層を積んだ。歴史は地層に積み上げられるという、地質学的立場からの比喩で、正しい日本語ではないことを断っておく。 次に論ずるのは、裁判が法規範に照らした判断をしたか否かという点から。法律に疎い「かめ」が挑戦する。 (事実--菅野裁判長裁判長の指摘)「地震は(国が2002年に公表した地震予測…
コメント:0

続きを読むread more

捜査手法に着目

 行方不明届から6日後に容疑者逮捕。 迅速な捜査に驚いた「かめ」は、捜査手法に着目している。家族から行方不明との届けが為されたとき、多くの場合、数日は様子を見るという過去の報道を見たことがある。これで、冒頭に記述した9日のうち1/3程度は無為に時間だ経過する。 しかし、情報社会の今、行方不明者の携帯電話通信記録は、直ちに役立つ情報を提供…
コメント:0

続きを読むread more

被保険者報酬月額算定届:電子申請に挑戦

 「かめ」は、紙をいかに使わないか、郵便料金をいかに節約するかに興味がある。 だから、電子申請には大賛成だ。 表題の件、GビスIDが必要ということで、だいぶ前に取得してある。 算定基礎届の提出が7月1日から31日の間に必要となる。事業者は、当然ながら、協力的に毎年やってることだ。 日本年金機構のホームページから、届書作成プログラムをダウ…
コメント:0

続きを読むread more